コレクション

古いものから現代のものまで様々なおふだをご紹介します。 例えば、1000年以上前の中国の風習が経典に記され、それが日本に伝わり、さらに「おふだ」の字句となり、これが現代でも刷られているNo.20、実際の修行中に使用されたNo.1などなど。あわせて神仏の描かれ方(デザイン)にも注目してみてください。同じ仏様でもまた趣きが異なります。