日常

日本人にとっておふだはとても身近な存在です。あるいは自宅(家内安全)やお店(商売繁盛)では、たまた車やバイク(交通安全)などで、誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。ちなみに漫画、大友克洋『AKIRA』の主人公、金田の乗るバイクには成田山のおふだが貼ってあります。ここでは日本の日常生活に溶け込んだおふだをみていきます。

榎本和夫(埼玉県新座市)
enomoto1950年、埼玉県新座市の現住所に近接した旧片山村の榎本家第15代目の長男として生まれ育ち、東京経済大学在学中の1969年から2010年まで同新座市役所(当時新座町役場)に、実に40年6カ月間奉職する。菩提寺・真言宗智山派医王院蓮光寺の世話人を世襲し、同寺副総代、また旧片山村総鎮守神である馬場氷川神社の筆頭総代を引き受けるほか、新座警察署交通安全地域活動推進協議会委員を担うなど、地域に根ざして活動している。