小物

照明する際に使用する、たくさんの小物のうちの一部を紹介しています。
ライトに光量を調整する機能がない場合、黒い布をかけて強さを調節します。トレーシングペーパーでも、ライトの光の強弱を調整できます。また、照明にいろいろな色のフィルターをかけることで、ライトの色を変えられます。フィルターには何百種類ものカラーがあるので、作品に応じて使い分けます。カポックフィルターは、光を反射させるために使う発泡スチロールの板を挟み、スタンド等に立てて固定するための道具です。フラッグという黒い旗は、余分な光をカットする際に使います。人物にちょっとした光を当てて調整したい時には、懐中電灯やレフ板を使って調整します。黒いビニールや布は、大きな窓を塞いで光をカットしたい時など、いろいろなシチュエーションで使います。他にも照明の専門的な小物でなくても、「使える物」はたくさんあります。